(動画を再生する

1 実践校  吹田市立北山田小学校 5年生

2 教科・科目  図画工作

3 使用教室等  普通教室

4 ICT機器活用の目的と概要
  思考や理解を深めるための活用
  児童・生徒による活用

  主にタブレット端末と無線対応プレゼンテーション機器(以下、無線プレゼン機器)を活用した事例である。子どもたちがアニメーションの仕組みを学びながらコマ撮り動画を創り、無線プレゼン機器で全体交流する内容となっている。機器の利用により共有時間の短縮、削除(やり直し)やコピーをテンポよく行うことができる。効率よく構成を考え対話に結びつくので、集中して図工の学びを深めることができる。学習の中で以下のようなことが期待できる。
 ・新たな表現方法を知ることで、豊かな発想を引き出す。
 ・やり直しが簡単にできるため、よりよい作品を創ることができる。
 ・作品への想いを伝え合うことでコミュニケーション能力を高める。
 ・ICTを媒介にし、協力して問題を解決する力を身につける。

5 活用しているICT機器等
  ・タブレット端末(Windows)
  ・プロジェクタ
  ・無線対応プレゼンテーション機器(Wivia)
   ※プロジェクタに端末からワイヤレスで画面を投影できる。
    発表したい子どもがワンタッチで自分の資料を提示でき、全体への共有ができる。